佐藤俊の一覧

「佐藤俊」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2018/12/19更新

ユーザーレビュー

  • 箱根0区を駆ける者たち
    駅伝ファンには読み逃せない一冊。
    2019年の箱根駅伝でみごと総合優勝した東海大。この本は、その前年度の東海大に密着し、書かれている。
    2017〜2018年のシーズンの東海大の選手たちの活躍や、2018〜2019年のシーズン、そして箱根駅伝総合優勝を思うと、選手、監督たちの苦悩や意識の変化、競技への...続きを読む
  • 箱根0区を駆ける者たち
    スポーツ物は根性論ばかりで内容の薄いものが多い中、取材力の高さに驚いた。特に大会当日、自身の目で見ていたかのような細かい描写に加え、0区ランナーたちの心境と回顧の書き方には感動。翌年優勝して喜びひとしお。
  • 箱根0区を駆ける者たち
     2019年の箱根駅伝で,総合優勝した東海大。
     その東海大の前年,2018年の箱根駅伝までに密着し書き上げられたルポ。著者はサッカー,陸上競技などに精通したスポーツライター。

     東海大に限らず,箱根の常連校は陸上競技者の層も厚く,箱根の10区に入れないメンバーも当然多い。
     東海大では箱根のエン...続きを読む
  • 箱根0区を駆ける者たち
    メンバーに入れなかった4年生の事だけを取り上げてるのかと思ったが、含めた全体を知ることができた。

    それぞれの走りにはドラマがあり感動。

    この本を読んでから今年の箱根観たかった!!

    感動で込み上げてくる箇所も多々。
    入学時タイムが基準にたりず2年生や3年生からのスタートメンバーもいたり、様々な背...続きを読む
  • 駅伝王者青学 光と影
    箱根の2日間だけが駅伝ではない。
    そして、箱根だけ観ても、その面白さを3割程度しか楽しめていない。そう気付かせてくれる大学駅伝チームの1年を追った作品。読んでよかった。

    全日本で、アンカーの一色が、時計着けずに走った所の文章は身震いモノ。

    〉最終8区。アンカーの一色は襷を受けると、落ち着いた様子...続きを読む