「倉田三ノ路」おすすめ作品一覧

「倉田三ノ路」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:倉田三ノ路(クラタミノジ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:11月24日
  • 出身地:日本 / 神奈川県
  • 職業:マンガ家

『書生葛木信二郎の日常』でデビュー。

作品一覧

2017/07/07更新

ユーザーレビュー

  • 書生葛木信二郎の日常(5)
    悌一郎とサマラの過去話。屏風先生とのっぺらさんの話。ヨシヱさんと鬼の話。尋ちゃんとカルマの話。橋姫の話、前編。

    のっぺらさんの元気の良さが楽しかった!素直に楽しめる一本。

    ヨシヱさんと鬼のエピソードは胸が切なくなりました。今巻の中で一番好きなお話。

    カバーした表紙は尋ちゃんのテニスウェア今昔で...続きを読む
  • 書生葛木信二郎の日常(4)
    妖怪モノ大好き!

    ということでノリで買ったのですが、気付けば4巻

    なんか陰陽師とか出てきて益々盛り上がって来ましたね

    葛木さんは書生のはずなのになんやかんやで陰陽師になってしまうのか!

    尋さんといちゃいちゃしてればいいんだよ!

    と思いましたがストーリーも気になります。
  • 書生葛木信二郎の日常(1)
    こういう妖怪、もしくは神様が日常に普通にいる世界を描いた
    コミックは玉石混淆たくさんあるけれど、この作品は間違いなく玉の方。
    磨き切った玉ではなく、磨いてる最中の玉の方。

    一応メインストーリー的なものを匂わせるシーンはあったけど、
    題に日常とある通り、短いお話が積み重なっていく感じ。
  • 書生葛木信二郎の日常(1)
    1~2巻まで。

    黒髭荘には浪漫いっぱい!妖怪いっぱい?
    という帯の文言からは、もっとドタバタしたコメディーを連想していたのですが、
    ほろりとくる話が多かったです。

    操緒さんがいいですね。
    これからの活躍に期待したいです。
  • 書生葛木信二郎の日常(1)
    管理人は妖怪、住人も一人を除いて全員妖怪な下宿という設定に『ACONY(冬目景)』を思い出し、うっかりそういうのが見えてしまう特異体質で孤独な生い立ちのおっさん主人公という設定には『XXXHoLiC(CLAMP)』とか『外つ神(斎藤岬)』を思い出した。

    というわけで、読む前からかなりバイアスかかっ...続きを読む