田中周紀の一覧

「田中周紀」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/07/19更新

ユーザーレビュー

  • 飛ばし~日本企業と外資系金融の共謀~
    企業の損失飛ばしのお話。

    手口は年々高度化するけれど、共通するのは下記2つ。
    ・表沙汰にしにくい損失
    ・ガバナンスの欠如

    露見した時には途方もない損失になっているというね。。。手を替え品を替え、この手の事件は忘れた頃にまた起こるのでしょう(-_-;
  • 実録 脱税の手口
    脱税の手口とその後の紹介。手口としては総じて架空経費、それと税法の穴をつく租税回避。租税回避は税法をよく勉強しているなという印象。いたちごっこは今後も続きそうではある。
  • 会社はいつ道を踏み外すのか―経済事件10の深層―
    ○東芝「不正経理」問題(2015年)
     不正の直接指示ではなく部下に忖度させる、東芝の「チャレンジ」という言葉がとても象徴的
    ○山一証券「飛ばし」事件(1997年)
     泣きながら会見をしていた当時の社長はたたき上げのいわゆるスケープゴードだったという哀愁
    ○オリンパス巨額「粉飾決済」事件(2012年...続きを読む
  • 飛ばし~日本企業と外資系金融の共謀~
    「前述したワラント債は、ワラントと社債を切り離し、ワラントだけでも独立して売買できるタイプが主流だ。」

    損失隠しの”飛ばし”に焦点をしぼった本。
    実際に行われた飛ばしの方法、金額、経路が書かれている。
    山一証券、ヤクルト、オリンパスの事例が登場する。

    山一証券の倒産は悲劇的に語られるが、本書を読...続きを読む
  • TVニュースのタブー~特ダネ記者が見た報道現場の内幕~
    共同通信、テレビ朝日の記者であって田中氏の作品。新聞(通信社)とテレビ局それぞれに求められる「記者」の違いが具体的に描かれている。同じ「ニュース」と思っていても、そもそもの思想(伝え方や目的)が違うと言うことを知った。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!