会社はいつ道を踏み外すのか―経済事件10の深層―

会社はいつ道を踏み外すのか―経済事件10の深層―

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

東芝、オリンパス、NHK、第一勧業銀行、山一證券……なぜ彼らは道を踏み外したのか。いかにして法の網の目をくぐろうとしたのか。長年、社会部の経済事件担当記者として企業の不正を追及してきた著者が、独自取材をふんだんに盛り込み、事件の裏の裏まですべて明かす。バイセル取引、のれん代、にぎり、飛ばし等々、複雑な経済用語も徹底解説。あなたの会社は大丈夫? 全ての組織人必読の経済事件講座、開講!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
電子版発売日
2016年11月25日
紙の本の発売
2016年11月
サイズ(目安)
3MB

会社はいつ道を踏み外すのか―経済事件10の深層― のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年11月06日

    ○東芝「不正経理」問題(2015年)
     不正の直接指示ではなく部下に忖度させる、東芝の「チャレンジ」という言葉がとても象徴的
    ○山一証券「飛ばし」事件(1997年)
     泣きながら会見をしていた当時の社長はたたき上げのいわゆるスケープゴードだったという哀愁
    ○オリンパス巨額「粉飾決済」事件(2012年...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮新書 の最新刊

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング