「窪田良」おすすめ作品一覧

【窪田良】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/09/02更新

ユーザーレビュー

  • 「なりたい人」になるための41のやり方
    彼の本『極めるひとほどあきっぽい』を以前読んだことがあったので今回も手に取ってみた。最近この手のハウツー本は中身が薄いので遠ざかっていたが、意外に面白くって、がってんがってんうなずく箇所が何度もあった。特に「長距離レースで結果を出すことを優先する」箇所。年齢をある程度経ないと20代だと分からないこの...続きを読む
  • 極めるひとほどあきっぽい
    考え方や信念は似ているのに、何故これほど違うのだろうと考えてしまいましたが、最後まで読んで一番の違いは機会の活かし方と熱意なのだと納得しました。 
    一度の人生なのでこの様に生きたかったですが、今更それを望んでも仕方がないので、私は私の出来る範囲で出来ることを行うつもりです。 
    同じヘルスケア業界の人...続きを読む
  • 極めるひとほどあきっぽい
    極めないうえにあきっぽいから、ちょこちょこといろんなことに手を出してみるけど続かない −−−。そんな自分を反省して手にとりました。

    窪田氏は、20代は学者、30代は医者、40代はバイオベンチャーの創業社長と、幼少期から好きだった「眼」を軸にキャリアチェンジをしています。

    もちろん他にも好奇心の眼...続きを読む
  • 極めるひとほどあきっぽい
    いま最も注目されているバイオベンチャーの一社,アキュセラの創立者兼CEOである窪田さん初の著書。

    一度だけ直接お目にかかってお話する機会に恵まれましたが,まさにこのタイトルどおり好奇心の塊のような方だなあという印象を受けたことを思い出します。鋭い眼光の奥に人懐っこさも窺え,良い意味で「永遠の少年」...続きを読む
  • 極めるひとほどあきっぽい
    本著は読み手によって読後の感想が大きく変わるという意味でとても良い本だと思う。何かを「極める」ことと、それに伴い10年周期で戦場を帰るという考えについては大いに共感するところもあり、また、既視感を感じるところもあり、追体験読書として一気に読めてしまう面白さを持っている。
    丁度、干支一回りを経て今...続きを読む

特集