龍門諒の一覧

「龍門諒」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:龍門諒(リュウモンリョウ)
  • 生年月日:1962年07月22日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:漫画原作者

早稲田大学政治経済学部卒。『BLOODY MONDAY』(龍門諒)、『金田一少年の事件簿』(樹林 伸)、『神の雫』(亜樹 正)(3作ともTVドラマ化)、『GetBackers-奪還屋-』(青樹 佑夜)、『エリアの騎士』(伊賀 大晃)(2作ともTVアニメ化)、などの様に多数の名義で漫画原作を手がける。名義は作品毎に新たな気持ちでということ、前作品での評価が影響されない様にとの意図で使い分けている。

作品一覧

2012/08/17更新

ユーザーレビュー

  • BLOODY MONDAY(1)

    ドラマ化もされた名作

    主人公は天才ハッカー。
    こんな世界もあるのかと夢が広がります。
    裏切りの連続で見ていてハラハラします。
  • BLOODY MONDAY ラストシーズン(1)
    ハッキング漫画の完結編です。
    意外な人物がラスボスでしたが、しっかりときれいに完結してくれたのでうれしい限りでした。
  • BLOODY MONDAY(2)

    さすが

    読み始めると止まらない。一気に一巻から3巻迄読んでしまった。今後の展開が楽しみです。
  • BLOODY MONDAY(1)
    ドラマのシリーズを全て観てマガジンでところどころ読んだことがある状態で観た。原作の最初の方全然読んだこと無い読み始めた。待合室に置いてあったのを読んだ。この巻は藤丸の父が使命手配された。伏線が色々張られていた。
  • BLOODY MONDAY ラストシーズン(4)
    ブラッディ・マンデイ、気づいたら完結しちゃってましたね!
    ラストシーズン始まって、音弥母が登場して、さあいよいよか!と思い始めてたところだったのに、あーっというまに片付いちゃったなぁ、というのが正直な感想。
    もうちょい何か波乱とか裏切りとかあるものだと…(^_^;)
    もともとラストシーズンは4巻くら...続きを読む