「琴音らんまる」おすすめ作品一覧

「琴音らんまる」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/04/22更新

ユーザーレビュー

  • 君の名は。1
    新海誠監督の同名アニメ映画をコミカライズ。1巻は瀧と三葉の入れ替わりドタバタコメディ部分(奥寺先輩とのデートまで)が描かれる。
    基本は映画に忠実だが、要所要所に映画にはないセリフや描写が追加されており、映画を見た後でも楽しめる。特に、奥寺先輩とのデートを控えた瀧が

    「あいつ(三葉)の好きそうなもの...続きを読む
  • 君の名は。3
    瀧・三葉ふたりの「カタワレ時」の逢瀬と大団円で締めくくる最終巻。

    1・2巻よりもアレンジ箇所が多く、特にラストシーンは大きく印象が異なっている(隕石落下から後のエピローグは、映画だと瀧の視点で進行するが、漫画版では三葉の視点で進む)。

    メディアミックスの醍醐味は「同じだけど違う」展開を見られるこ...続きを読む
  • 君の名は。2
    瀧が糸守の謎を追いかけるミステリー展開の2巻である。

    漫画で改めてこの物語に触れてみて思ったが、「前前前世」の歌詞は、瀧が必死に三葉の姿を追い求めるこのパートにいちばん合っているような気がする。あの曲は、簡単にまとめると、

    <何が何でも、運命の人=君に会いに行くぞ!!>

    という歌詞だからね。
  • 夜は短し歩けよ乙女 第一集
    原作が大好きです。
    この作品は原作のイメージをうまくマンガに出来ていると思います。なかなか素晴らしい。

    ただ、原作を読んだ人にしかわからない独特の雰囲気があるので、初見の人にはその辺のニュアンスがどこまで伝わっているのか…?

    巻末の森見先生のコメントも素晴らしいかったです。
  • RDG レッドデータガール(5)
    残念ながら原作6巻まではいかず、アニメと同じ5巻まで。最後はジャンプ的打ち切り感ある終わり方だけど、アニメで削られてた細かい所がたくさん拾われてて良かった。読むのにすごく時間がかかるぐらいに一コマ一コマいっぱい詰まってる。
    中学生の時の回想シーン。なんで眼鏡を書き忘れたかと思ったけど、原作にはなかっ...続きを読む

特集