フィッツジェラルドの一覧

「フィッツジェラルド」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/12/20更新

ユーザーレビュー

  • グレート・ギャッツビー
    その昔、村上春樹のエッセイかなんかで存在を知りながら読む機会がなく、存在も忘れてしまっていた小説。飛行機の中でディカプリオの映画を観たのを機会に手に取った。
    結果、映画を観てから小説を読むのは、とくにキャラの立つ主人公の場合はイマジネーションをそこねると再認識。

    でもとてもよかった。「読み終えた」...続きを読む
  • グレート・ギャッツビー
    すごく好み。今読んで良かったと思う。

    ディカプリオ主演の映画を見て、小説も読んでみようと思った。

    何社かから出版されていたので、本屋で迷った。私が外国の本を選ぶ際に重視していることは、日本の小説のように文脈に違和感を感じずに読むこと。外国語に忠実に訳されたところで、回りくどかったり日本語として成...続きを読む
  • グレート・ギャッツビー
    映画の『華麗なるギャツビー』の原作本。映画を見た
    わけではないのですが、アメリカといえばギャツビー
    みたいなところがあるし、ギャツビーっていう単語で
    なんとなく派手で、かっこよくて、繊細で、おしゃれ
    な感じがするような気がします。
    ただこの本は初めて読みました。でもやはり面白く
    読めました。個人的に...続きを読む
  • グレート・ギャッツビー
    戦前に書かれた作品にもかかわらず、最新作のようなみずみずしさを感じるのは、新訳であるのが理由なのだろうか。
    それにしても、第二次大戦前から、純粋な愛情とうものは既に廃れたものという風潮があったというのは悲しい。
  • グレート・ギャッツビー
    栄光というのは本当にはかないと思います。
    それがある種の社会への復讐という
    想いがあったギャッツビーにとっては。
    (純粋な愛の裏には復讐もあったことでしょう)

    そして、終盤には美しい文体から
    人間の醜さを浮かび上がらせてくれます。
    そう「金の切れ目は縁の切れ目」
    所詮それが人間というものなのです。...続きを読む