「土屋ガロン」おすすめ作品一覧

「土屋ガロン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:土屋ガロン(ツチヤガロン)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:マンガ家

1979年『シリーズ輪苦の長い旅 ザ・リミット』(作画:園田光慶)で原作者としてデビュー。『ルーズ戦記 オールドボーイ』(作画:嶺岸信明)で2007年のアイズナー賞最優秀日本作品部門を受賞、韓国で映画化もされた。『ア・ホーマンス』(作画:たなか亜希夫)が映画化された。その他『BOX』(作画:池上遼一)、『ハード&ルーズ』(作画:かわぐちかいじ)などの作品を手がける。「狩撫麻礼」「ひじかた憂峰」名義などでも活動。

作品一覧

2017/08/25更新

ユーザーレビュー

  • オールド・ボーイ 1巻
    韓国映画「オールドボーイ」の元ネタになった原作漫画!映画とはストーリーがまるで違います!映画版が好きな方は是非!
  • ワルキューレ
    これは絵柄とページ数で損していると思うわ。細かい人間描写と暗いタッチの絵であれば、傑作になってたんじゃないかという予感を持ちつつ盛大な予言実現型のオチで終わる。

    映画を作ることの本質を描こうとして、私もいっしょに夢を見ながらページを読み進めていくと、あれよあれよというまに全てが上手くいく。

    これ...続きを読む
  • オールド・ボーイ 1巻
    今さらながら韓国映画『オールドボーイ』を観ようと思い、まず原作を読んでみた。いわゆる劇画っぽい手慣れた画風。美人女性は美人だがかわいい娘はかわいくない。原作の土屋ガロンという人を知らなかったが、狩撫麻礼の変名であった。なるほど狩撫麻礼節が随所に発露している。さまざまな謎の中に丁寧に駒を配していき、作...続きを読む
  • オールド・ボーイ 3巻
    一進一退の攻防が続くが、主人公は敵を見つけ出せない。一方的な波状攻撃で揺さぶってくる。目的も不明。最後に催眠術をかけられているという女が現れるが、その発言も本当かどうか疑わしいが。
  • オールド・ボーイ 4巻
    「過去を思い出せ」という敵からのメッセージに翻弄される。そしてついに敵との接触。緊迫の中、マリーンクルーズをせざるを得ない主人公の不条理。

特集