津上英輔の一覧

「津上英輔」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/12/20更新

ユーザーレビュー

  • 危険な「美学」(インターナショナル新書)
    タイトルに惹かれて購入。美が人に恵を齎す一方で、美には危険性があるという。本書は高村光太郎の「必死の時」、アニメ「風立ちぬ」を例にひきながら美が齎す眩惑作用を明らかにし、トーマス・マンの「魔の山」、軍歌「同期の桜」を例に、感性が悪を美化するプロセスを考察する。とても興味深く読みました。特に「魔の山」...続きを読む
  • 危険な「美学」(インターナショナル新書)
    ①美とは私、つまり主体に快と感じられるもの、対象の良さである。

    ②美を味わうとは感性を働かせ続け、対象の形や響きをもっとよく捉える、捉えようとすること。

    ③美が人に強く訴えるがために、その後ろや脇に偽や悪があることに人の注意がおよびにくくなる。

    真善美、知情意

    散華

    メコネサンス