E・H・カーの一覧

「E・H・カー」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/09/26更新

ユーザーレビュー

  • 歴史とは何か
    歴史は、過去の経験を糧にしながら未来をよりよく照らすための学問である、とぼんやり思っていた私の考えを大きく変えてくれた。
    歴史は単に事実の集積ではない。歴史における解釈はいつでも価値判断と結びついている。過去とは、現在の光に照らして初めて私たちに理解ができる。歴史は直線的ではなく、逸脱や後退、明瞭な...続きを読む
  • 歴史とは何か
    初めて手に取ったのは、大学生時代(1990年代)での最初の概論でのテキストにて、
    確か、1961年のカー氏の、ケンブリッジ大学での講演録を基調にしていて、

    日本での初版が1962年ですから、訳語としての言い回しはやや古めで、
    正直とっつきにくい部分もありますが、内容としてはよくまとまっているかと。...続きを読む
  • 歴史とは何か
    ビジネス本の読書会にて

    「 歴史とは歴史家と事実との間の相互作用の不断の過程であり、現在と過去との間の尽きることを知らぬ対話なのであります。」

    深い言葉だ。歴史的事実一つをとっても「現在の歴史家」というフィルタを通してみるしかなく、歴史家の数だけ事実が存在し得る。

    実はこの本、昭和30年台に父...続きを読む
  • 歴史とは何か
    「事実は神聖であり、意見は勝手である」
    →これはガーディアン紙の編集長だったチャールズ・プレストウィッチ・スコットの言葉。事実を正確に把握することは難しいけど、そのたったひとつしかない事実へと辿り着くことが歴史の使命。たったひとつしかないがゆえに、事実は神聖なんだ。意見はひとそれぞれ自由に持てばいい...続きを読む
  • 歴史とは何か
    必要があって改めて読み直してみたが、久々に読んだこともあって、「こんなことも書いてあるのか」とかなり新鮮に読めた。特に過去の歴史的人物について、精神分析をすることはできないとする箇所は、今の職場との関わりで「そうだよね」と意を強くした。

    それにしてもやはり名著である。と思ってしまうことから、僕は依...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!