いぬいとみこの一覧

「いぬいとみこ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/12/24更新

ユーザーレビュー

  • ながいながいペンギンの話
    タイトルの「ながいながい」に怖じ気づく子が多いんじゃないかと思うけど、実際は低学年からでも読めるような長さのお話が3つ。性格の違う兄弟の描写、人間も含めた他の生き物とのエピソードなど、どんな年齢で読んでも何か考えさせられることがあるのでは。
  • ながいながいペンギンの話
    南極の小さな双子のペンギン、ルルとキキの物語。わんぱくで冒険好きだけど少しプライドの高い兄さんルル、おとなしくて寒がりだけど優しい弟キキ。人間に捕まったり、流氷に流されたりシャチやトウゾクカモメに襲われたり…二匹の冒険にハラハラ、かわいらしさにほっこり。素直に読めるよい物語です。中学年から。
  • ながいながいペンギンの話
     1957年に他社出版社から初版が出た児童書。
    当時の日本の児童文学(童心主義や、逆に感傷・芸術的であったり謎解き要素など)の主流から脱した、シンプルかつ単純で、”少し長い面白いお話”...。→こういう作品を作るのは簡単なようで難しいと思う。今読んでも楽しめるこのシンプルさに脱帽。
     可愛らしく、自...続きを読む
  • ながいながいペンギンの話
    性格の違うふたごのペンギンが生まれてから成長していく中でのエピソードが3つのお話になっています。特にルルは、向こう見ずなところもあるけど勇気を出してすごい活躍をみせ、子供が自分と重ねあわせて楽しんで読めそうです。最後の章は、ルルの優しさも感じられて、色んな気持ちを感じさせてくれるお話だと思いました。...続きを読む
  • ながいながいペンギンの話
    南極大陸をふき荒れる,その冬最後の雪嵐のなかでペンギンのたまごが2つかえりました.ルルとキキ兄弟は生まれたばかりだというのに元気いっぱい.両親のるすにこっそり家をぬけだして….

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!