峯村利哉の一覧

「峯村利哉」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:峯村利哉(ミネムラトシヤ)
  • 生年月日:1965年

『2050年の世界 英『エコノミスト』誌は予測する』、『史上最強の投資家バフェットの教訓―逆風の時でもお金を増やす125の知恵』、『史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール』などの翻訳を手がける。

作品一覧

2019/01/30更新

ユーザーレビュー

  • ザ・カルテル 下

    読みました

    3部作の第2。第1の「犬の力」はまだ電子書籍になっていないので未読のままで、本作を読んだ。ずんずん読み進めるが、どんどん死者が増えていき、読んでいて辛くなった。これは小説だけれど、ほとんど同様のことが現実にも起こっていたと思われ、揺すぶられた。人間というものの恐ろしさが迫ってきてすごい。
  • ザ・カルテル 下
    『犬の力』続編。冒頭の静けさから一気に引き込まれる。バレーラが脱獄しケラーが追う。麻薬戦争、憎しみ、殺し、家族。さまざまなものが絡み合って闘いが始まる。歯止めの効かない争い、虐殺。前作よりも明らかに死者の数が増えている。そこまでして守りたいもの、家族や近しい人を危険に晒してまでも手に入れたいもの、そ...続きを読む
  • 心霊電流 上
    なにー!キングがクトゥルーに絡む⁉︎
    久しぶりの正統派ホラー。GW にはもってこい。天気もいいのに一気読みしてしまった。若い牧師の家族を襲う悲劇を通して歯車が狂ってくる人生を描いて、切なさから危うさを経由して不気味さへ転落していくのです。目をウルウルさせながら下巻へ。
  • 心霊電流 下
    偶然にも音楽がらみ(ロックだけど)続きました。キングがクトゥルーを描くとこうなるのかぁ。いや切ない。とても面白かった「ジョイランド」との繋がりもでてきてニヤリ。原題はRevivalだけど最近のキングこそRevivalだ、おっかない〜。最高!
  • 心霊電流 下
    ジェイコブズによる奇跡の治療。かつてジェイミー自身も恩恵を受けたその奇跡は一見素晴らしいもののように思えるのだけれど。もちろんそううまくいくはずがないのですよね。治療を受けた者たちの一部に降りかかった恐るべき副作用は、しかしまだ恐怖の序曲でしかなく。ジェイコブズの本当の目的がいったい何なのか。恐ろし...続きを読む