高見澤俊彦の一覧

「高見澤俊彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2019年6月号

作品一覧

2019/05/10更新

ユーザーレビュー

  • 音叉

    もはや『音叉』という名の1つのライブ。
    まるで、ALFEEのコンサートを観たような感覚。

    処女作でありながら、起承転結が上手過ぎて
    ここまで一気に読めた小説は私的に“初めて”
    と言って良い。

    男は女を大和撫子のように、
    勝手に美化してる生き物である。
    (その逆も然り)

    ALFEEの曲が高見...続きを読む
  • 文藝春秋 2015年 6月号

    イイネ

    10年前から毎月購読していますが、本の整理が大変ですので3年前から電子ブックに変更。もう少し、普通の書籍に比べて安くなるとありがたいですが...
  • 文藝春秋2月号

    文芸春秋3月号

    年間購読にしているのですがどうしたら読めますか
  • 音叉
    娘が買った本。
    the alfeeにハマっている18歳(w)です。
    もちろん高見沢さん推し。

    もともと読書家で、歌詞も書いていらっしゃるという
    だけあり、ご自身の若かった頃(1970年代)
    の雰囲気や、音楽に関する描き方が鋭く、
    アルフィーファンじゃなくても楽しめます。

    文章の表現が綺麗で、若者...続きを読む
  • 音叉
    アルフィーの高見澤参が書いた小説である。

    【本文より】

     夜空で光る星が輝いているのは、手が届かないくらい、はるか彼方で輝いているからだろう。そんな星を間近でみていても、きっとゴツゴツした鉱物の魂にすぎない。
     自分にとって大切な星とは、遠くで眺める美しい星よりも、自分の心をキラキラ照らし、いつ...続きを読む