河合蘭の一覧

「河合蘭」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/07/22更新

ユーザーレビュー

  • 不妊治療を考えたら読む本 科学でわかる「妊娠への近道」
    ◯性教育がある種のタブーのように扱われる日本において、妊孕性について知ることは少子化対策の一つとしてとても重要であると思う。その点、当該書籍は奥ゆかしく不妊に悩んだら読むことを勧めているが、若い人たちは必読と言っても良いと思う。
    ◯現在、国会などでは、不妊治療が騒がれていて、データや治療法について様...続きを読む
  • 出生前診断 出産ジャーナリストが見つめた現状と未来
    感情、コスト、倫理、複数の要素が複雑に絡み合っている難しい問題だと思います。

    思い込みやネット上の不確かな情報に振り回されないためにも、妊娠を望んでいる方とそのパートナーは読んでおくべき本だと感じました。
  • 出生前診断 出産ジャーナリストが見つめた現状と未来
    女性なら教養として必読。
    自分メモ
    ダウン症だと判明したときに、今後どうしたらいいのかわからない。産院等ではサポートが足りない。
    事前にわかれば、療育や病院の備えができ、(出産前に判明し不安・悲しみ・悩んだ後となるので)幸せな出産となる。
    アメリカでは人種が多様で遺伝病や病気・血液型(RHマイナスは...続きを読む
  • 未妊―「産む」と決められない
    読んでおいてよかったと思える本。働く女性として、共感できる部分は多い。しかし、働きながら産むのは、どのタイミングでも、仕事には影響するのだ。えいっと産むのがよいみたい。あとは、望むかどうか。産むことへの少しの不安は取り除かれたけど、産んだ子への責任は軽くない。そう簡単には、人生は決められない。
  • 出生前診断 出産ジャーナリストが見つめた現状と未来
    生まれて来るまで赤ちゃんの状態が分からないなんてのは、もう遥か
    昔の話になりつつある。出産前に性別どころか胎児が抱えているで
    あろう疾患までもが分かってしまう。

    命の選別につながるのではないかと視点で語られることの多い出生
    前診断を、その歴史から実際の検査方法、各診断にどんな議論が
    あっ...続きを読む