佐藤智恵の一覧

「佐藤智恵」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/10/15更新

ユーザーレビュー

  • ハーバードはなぜ日本の「基本」を大事にするのか
    ■「ダントツ経営」本質は人と同じことをしないこと。今後もコマツが競合優位性を保って行けるかどうかは、イノベーションの創出継続できるかどうかにかかっている。競合優位性は永遠に保てるものではない。優れた製品を開発し、それがヒットしてもすぐに他のメーカーがに多様な製品を製造し、価格競争になる。特許が切れた...続きを読む
  • ハーバードはなぜ日本の「基本」を大事にするのか
    ・例えばあなたにお子さんがいるとして、お子さんが大学に進学したいという。大学に活かせれば年分の学費がかかる。生かせなければその4年間、あなたの家庭の収支はよくなる。けれどもそういう基準だけで子供に投資するかしないかを決めますか(ホンダジェットへの30年間の投資について)
    ・ホンダジェットの成功要因は...続きを読む
  • スタンフォードでいちばん人気の授業
    スタンフォードでいちばん人気の授業
    著:佐藤 智恵

    スタンフォードが教えているのは驚くほど人間的で、普遍的なことである。そのカリキュラムは何よりも「自分を知る」「人間を知る」ことに焦点が置かれている。

    今後のキャリアや人生にずっと役立つような、普遍的な思考法や知識を教えている。どれだけテクノロジ...続きを読む
  • 世界最高MBAの授業
    この本を通じて分かること、それはMBAは一体何を学ぶ場なのか、何を経験する場なのかということ。

    当時のトップスクールの在校生(実名)が数あるクラスの中から特に印象深かったクラス、それを通じてどのような変化があったのかについて、その理由とともに語っている。

    MBAに興味があるけどイメージできない、...続きを読む
  • 世界のエリートの「失敗力」 彼らが<最悪の経験>から得たものとは
    世界のエリートの「失敗力」。佐藤智恵先生の著書。日本は失敗した人を罵倒蔑視してとことん追い詰める文化、海外は失敗してもそこから学べば良いとする敗者復活文化。世界のエリートたちの失敗力に感嘆すると同時に、失敗を許容しない許容できない度量の小さい日本社会を変革しなくてはいけないのかも。