「ドナート・カッリージ」おすすめ作品一覧

「ドナート・カッリージ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/09/02更新

ユーザーレビュー

  • ローマで消えた女たち
     無国籍のエンターテインメント大作『六人目の少女』で凄まじいデビューを飾ったイタリア人作家カッリージの長編第二作である。のっけからあれほどのアイディアを詰め込んでしまった彼が、第二作をどのくらいの意欲と自負とで書き始めたのか想像もつかないが、大抵の作家であればあのデビュー作を超える二作目というだけで...続きを読む
  • ローマで消えた女たち
    これは面白い。久々にこんなに面白い本を読んだ。
    交錯する物語、次第に浮かび上がる真実。
    雑多に詰め込まれているように見えて、整列している。
    ミステリとはこんな物語のことを呼ぶ。
  • 六人目の少女
    とにかく濃厚な文章、スピーディな場面転換、さらには多彩な視点でぎっしりと物語が描きこまれている。ショッキングな冒頭から、シリアルキラーと戦う特捜班の知恵比べが始まる、薄皮を剥ぐように次々に意表を突く展開が待ち受けながら、少しずつ話が収束していく様は見事としか言いようがない。練られたプロットには驚くし...続きを読む
  • 六人目の少女
    いやー、面白かった。
    グイグイ引き込まれた。
    ちょっとてんこ盛りすぎる気もするし、ひとつ二つ欠点というか、ソレにしちゃったのはもったいないという点もあったけど、夢中にさせてくれたので、とりあえずOKです。

    あまり良くない頭でついていくのは大変でしたけど^^;
  • 六人目の少女
     不思議なことに、国籍のない作品である。イタリア発の作品ではあるけれども、物語の舞台はどことも取れない。作者はいつの時代でもどこの国でも通用する時代や場所にとらわれない物語を書きたかったらしいのだ。いわば人類共通の物語というものを。

     そうした思いを抱く作者にとっては幸いなことに、この作品は世界2...続きを読む

特集