デイヴィッド・ゴードンの一覧

「デイヴィッド・ゴードン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:デイヴィッド・ゴードン(デイヴィッドゴードン)
  • 性別:男性
  • 出身地:アメリカ
  • 職業:作家

『二流小説家』、『ミステリガール』、『ぼくがしようとしてきたこと』などの作品を手がける。代表作『二流小説家』は「週刊文春ミステリーベスト10」(文藝春秋)、「このミステリーがすごい!」(宝島社)、「ミステリが読みたい!」(早川書房)の全てで1位を獲得し、映画化されている。

作品一覧

2021/04/01更新

ユーザーレビュー

  • 二流小説家
    おおいに楽しめる小説だった。まず『二流小説家』という邦題がなんともよろしい。原題では「The Serialist」(連載作家)となっている。主人公であり語り部である「ぼく」は、大衆雑誌にヴァンパイア系小説やポルノ小説を書いたり、バイトで家庭教師をしたりと気ままに暮らす「二流小説家」。その「二流小説家...続きを読む
  • 二流小説家
    「ミステリが読みたい」「このミステリーがすごい」「週刊文春ミステリーベスト10」の海外部門1位との触れ込みも、本国ではあんまり評価が高くないと聞き、ちょっと手を出しにくかった本作。
    正月休みに思い切って手を出してみたら・・・大正解!
    面白い!
    ちょっと自虐的な、皮肉交じりの一人称スタイルは「女王陛下...続きを読む
  • 二流小説家
    展開の予想が全くつかなかった。二転三転する物語に引き込まれること間違いなし。
    自分を偽ってばかりのハリーの成長の話でもあるし、ミステリーでもあるし、サスペンス、ロマンスでもある。
    様々なジャンルが絶妙に重なりあっていて、とても素敵だった。
  • 続・用心棒
    前作に続いて読んだが主人公以外の登場人物も個性的で面白い。ストーリーの中に主人公と女性がすれ違うという日本のすれ違いドラマのような雰囲気もなかなか愉快。
  • 二流小説家
    知らずと2回目。
    タイトルでは思い出さなかったが、数ページ読んで思い出した。ということは覚えているということ。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!