武井摩利の一覧

「武井摩利」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/05/20更新

ユーザーレビュー

  • 世界で一番美しい元素図鑑
    なにかに不安になるのは、まだ準備が足りなかったんだと思う。

    正直、愛情を横取りされるかもしれない嫉妬まみれだった。土俵が違うし、はじめから挑む相手じゃないのに。

    ぼくには、色気やオトコらしさ、飽きさせない話術、不自由なく楽しませる年収はないので、いますぐに消えてくださいって感じ。正直、羨ましかっ...続きを読む
  • 世界で一番美しい元素図鑑
    期待よりはるかに楽しい図鑑。子供のいる家庭は特に一家に1冊おくべし。
    著者のユーモアあふれる解説を読んでいると、まるで元素にキャラクターがあるように感じてくる。そして元素にはなんといろいろな個性のあることか。使えるやつ使えないやつ、面白いやつつまんないやつ。お高いやつ気さくなやつ・・・人間社会にも似...続きを読む
  • 世界で一番美しい分子図鑑
    『世界で一番美しい元素図鑑』の姉妹編。原題は"Molecules - The Elements and the Architecture of Everything"

    前作に続き、スタイリッシュで美しい。そして目の付け所が面白い。
    前作の元素バージョンは、周期表に沿って元素を説明していた。元素の数...続きを読む
  • 世界で一番美しい元素図鑑
     「明日検診だから、バリウム飲まなきゃいけないんだよね~」
     といったとき、飲んでいるのは単体金属のバリウムではなくて、その化合物である硫酸バリウムの懸濁(けんだく)液なのです。Ba(56)。

     見上げればネオンサイン、というのも、ガラス管の中にネオンNe(10)を封入しているのは赤橙色をしたもの...続きを読む
  • アルケミスト双書 イスラム芸術の幾何学 天上の図形を描く
    “そのあまりの複雑さにめまいするイスラムの幾何学模様だが、著者はいくつかの幾何学的原則を知っていれば、だれもがやすやすと描けることを明らかにする” ─出版元

    エッシャーもアルハンブラでとりつかれたというアラベスクやいろいろな幾何学模様の仕組みや描き方を解説した、ちょっとマニアックな本。
    シンメトリ...続きを読む