新井見枝香の一覧

「新井見枝香」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

NEW
yom yom vol.63(2020年8月号)[雑誌]

作品一覧

2020/07/17更新

ユーザーレビュー

  • 本屋の新井
    文章力に圧倒された。さくらももこのエッセイに筆致が似ている気がする。主観と客観、低俗さと高貴さ、お気楽さと切実さなどの複数の軸のなかで振れ幅が大きい文章に深みを感じる。

    本の紹介もすごく上手くて、取りあげられた大半の本がとても読みたくなった。テクニックとして、本のレコメンドを起承転結の「転」の位置...続きを読む
  • この世界は思ってたほどうまくいかないみたいだ
    ざっくばらん、あけっぴろげな方だなぁ!
    型にはまって生きるのが窮屈と感じている方は、是非、ご一読を!
    ぶっとんで理解しがたい部分も、共感できる部分も、学びたい部分もありました。

    彼女には、このまま変わらず生き抜いて欲しいです。笑
  • 本屋の新井
    本売る人は本読む人で本書く人だった。さらっと読めるけど楽しかったし、何冊か読む気にさせてくれた。すごい。
  • 本屋の新井
    ザーっと時間を掛けずに読めた。
    そんな読み方で、図書カードの手数料と紙袋の話が心に残った。現役書店員からすると闇を陳列したような一冊。
  • 本屋の新井
    「1銭も出ない内職とかやってます」
    この一言に書店員のすべてがつまっている気がします。
    「本で働く事に特別な意味を見いだせていない」
    と前置きしながらも、新刊を早く並べたいから
    麻酔なしで治療をしたり、紙袋の経費に思いを馳せみたり。
    エッセイでもあり、お仕事本でもあり、
    読書案内本でもあります。