「文京洙」おすすめ作品一覧

「文京洙」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/05/21更新

ユーザーレビュー

  • 在日朝鮮人 歴史と現在
    韓国併合以前から現代に到るまでの在日朝鮮人の歴史を概説したレビュー。特に併合以前(1910年まで)の国内朝鮮人労働者は、当時の風景としては一般的であったようだが(清水宏監督の映画「有りがたうさん」など)、本書のような概説はあまり見かけないので貴重かもしれない。日本政府の移民対策・管理の考え方や方法論...続きを読む
  • 韓国現代史
    やや表現は難しいと思うところもあったが、第二次世界大戦後の韓国の歴史を知るには良い本だと思った。特に、下から(民衆視点)の歴史の観点、地域主義の観点を重視してまとめている。韓国の歴史の複雑さの一端が垣間見えるように思えた。

    内容は、次の4章構成である。
    1章 傷ついた「解放」
    2章 軍事政権の時代...続きを読む
  • 韓国現代史
    ベトナム、ドイツなど、第二次世界大戦で分断された国家で、
    まだ統一が果たされていないのは、朝鮮半島と台湾だ。

    朝鮮半島は、まだまだこれから10年、
    経済発展とともに、統合される機会があるだろう。

    統合されるためには、韓国がまだまだ反映する必要がある。
    将来、北と統一国家ができても、反映できるだけ...続きを読む
  • 韓国現代史
    [ 内容 ]
    日本の植民地支配から解放されて六〇年。
    韓国の歩みは分断、戦争、独裁、軍事政権、民主化運動、そして経済破綻など日本では想像を絶するような波乱に満ちている。
    三〇年余りの歳月を隔てて起こった二つの悲劇―済州島四・三事件と光州事件を軸に、ダイナミックに描きだす激動の現代史。

    [ 目次 ]...続きを読む
  • 韓国現代史
    光復節以降、盧武鉉政権までを、民衆の視点、周縁の視点、特に韓国の地域主義について詳細に書かれた本。
    済州等4・3事件、光州事件について詳細に書かれています。
    「鉄条網〜」の前に読んどけば良かったと思いました。