「鈴木成一」おすすめ作品一覧

「鈴木成一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/02/15更新

ユーザーレビュー

  • 装丁を語る。
    鈴木成一さんは8000冊以上の本の装丁をしてる、有名な人です☆

    装丁の仕事は前から憧れていて・・・そういう人には、ほんと良い本だと思います♪

    本を選ぶ時、たいていの人はまず好きな作家がどうかから入ると思います。その次はやっぱり、表紙でしょ~~!

    この本には、鈴木成一さんが手がけた本のデザインと...続きを読む
  • 装丁を語る。
    おもしろい!
    本の装丁という隠れた芸術(というと失礼かも)についての本。実物とそれに対するコメントで見開き1ページで、1冊の本を紹介する。
    本の紹介で読んでみたいと思うものもあったし、何より装丁とは奥深い!
    イラストや写真を使ったり、モチーフやアート作品を併せたり、あえてなにもしなかったり...本...続きを読む
  • 装丁を語る。
    すごく個人的なきっかけて読み始めた。僕に関する本が出版される予定だが、装丁を鈴木成一さんにお願いした。鈴木さんのシゴトに触れたくて読んだ。
    演出とはを確認した読み応えだった。書かれているのだけど、自己表現ではなく、あくまで本の個性を引き出すというコト。まさに!僕が今感じ、必要と切磋琢磨していること。...続きを読む
  • 装丁を語る。
    おっそろしく丁寧で見やすく読みやすい本です、文章は上手くないですが(笑)デザインを志す人にとってはとてもいい本ではないかと思います。
  • 装丁を語る。
    面白かった。

    本屋で見かけるあの本やこの本も、鈴木成一氏が装丁を手がけた本なんだなぁーと目からウロコ。

    タイトルや帯に、息子さんが書いた文字を使っているっていう工夫にも驚き。

    装丁作家で本を選ぶっていう読書もいいかもしれない。