「岬龍一郎」おすすめ作品一覧

「岬龍一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/11/18更新

ユーザーレビュー

  • [現代語抄訳]菜根譚
    eテレで取り上げられて興味を持った。現代語訳なので、さらっと読みやすい。ちょっぴり人生に疲れたときに手に取ってパラパラめくりたい一冊。
  • 武士道
    日本人の心の損失は、今ではなく新渡戸稲造氏が生きている昔から始まっていたんだと思った。
    でも、武士の心は今でも日本人の中に眠っていると信じている。
  • 武士道
    清廉で強靭
    その実行力
    日常の苛立ちや忍耐の場面で
    「武士ならこんな振る舞いはしない。
    恥ずかしい真似はやめよう」と自分を律してくれる本。
    読んで良かった。
  • 武士道
    武士道は日本人の誇りであった。

    しかし、西洋文明の民主主義・自由主義の中で
    封建的であるという意味で葬り去られたのかもしれない。

    現代、もう一度紐解いてみると
    「義」と「勇」に基づいた日本の中で醸成された倫理観・人生観であることがわかる。

    「平和主義・民主主義」の方からは批判されるかのしれない...続きを読む
  • 新装版 武士道
    小宮一慶先生著書からのリファレンス。全然、想像していた内容と違っていた。ノルマン人支配下のイギリス、ウィルヘルム二世配下のドイツ、はたまたギリシア神話にいたるまで深い欧米の歴史に関する知見をして、飽くまで武士道の輪郭を客観的に浮き立たせていきます。この書籍の序文が書かれた1899年の約10年前、新渡...続きを読む