リチャード・ボールドウィンの一覧

「リチャード・ボールドウィン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/11/19更新

ユーザーレビュー

  • 世界経済 大いなる収斂 ITがもたらす新次元のグローバリゼーション
    なんて凄い本だ。あらゆる人に読んでほしい。政策立案に関与する人には特に読んでほしい。
    【以下のレビューにネタバレあり】



    筆者はグローバリゼーション進展を、①モノの移動コストの低下、②アイデアの移動コストの低下、③ヒトの移動コストの低下の三段階に区分し、産業革命は①を引き下げることで世界に「大い...続きを読む
  • GLOBOTICS (グロボティクス) グローバル化+ロボット化がもたらす大激変
    産業革命・IT革命が世界史特に人の生活や雇用にどのように影響してきたかを下敷きに、昨今のAIによりサービス業が破壊されるだろうが、まだきっかけを模索している、そのイメージをリアリティを持って感じさせられ、非常に面白かった。COVID-19前に読み終わったが、COVID-19をきっかけに、サービス業が...続きを読む
  • GLOBOTICS (グロボティクス) グローバル化+ロボット化がもたらす大激変
    GLOBOTICS グローバル化+ロボット化

    距離の束縛=地域主義 ○多様性 ×経済停滞

    1712~産業革命 蒸気機関 
     農業革命 農地の囲い込み運動(エンクロージャー)
     人口爆発 イギリス1750年からの100年で倍増
     工作機械産業 1770~

    1820~グローバリゼイション
     技術に...続きを読む
  • 世界経済 大いなる収斂 ITがもたらす新次元のグローバリゼーション
    オールドグローバリゼーションとニューグローバリゼーション。

    1990年以降、世界貿易に占めるG7の割合は低下し、中国、韓国、インド、ポーランド、インドネシア、タイが増えた。

    オールドグローバリゼーションは、蒸気機関の発明による産業革命で物流コストの低下がきっかけ、ニューグローバリゼーションはIC...続きを読む