「谷口長世」おすすめ作品一覧

【谷口長世】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/01/25更新

ユーザーレビュー

  • サイバー時代の戦争

    サイバー時代の戦争

    かなり具体的に世界のサイバー事情の内容が記述されており筆者の谷口長世氏の長年の努力が感じられる。1991年にソ連が崩壊したのち新たな第五の空間であるサイバー世界がヘゲモニーをとるための条件になった。しかし、サイバーの奥深さ、制御できない一面がサイバー世界を混沌とさせている。しかし、毒は毒で制すという...続きを読む
  • サイバー時代の戦争
    ITの発展によって、武力の形が変わろうとしている。そういった武力を使う人間が、これまで以上に思慮深くなる必要を感じた。無人で敵陣に侵入したり、攻撃したりすることが容易になれば、人間の突発的な怒りにまかせて人を殺す可能性だってありうるのだろう。
  • サイバー時代の戦争
    今日の戦争について言及するためには必須のホントなるであろう。サイバーそのものを解説しているわけではないが、戦争と強く結びついているということが理解できる本である。
  • サイバー時代の戦争
    タイトルがよくない。
    サイバーとかレトロフューチャーな言葉出しちゃってまぁ。

    でも、内容はしっかりしている。
    著者がしっかり取材をして影を追っているというのがよく分かる。
    だが、ここには主体が見えない。

    この本が描こうとしたのは、技術的な問題ではない。
    この状況における主体性の希薄さだと思われる...続きを読む
  • サイバー時代の戦争
    日本は、国民の気づかぬうちに米国主導で進められてきた安全保障に関するITのクモの巣に、幾重にも取り込まれてしまっている。軍事活動の中枢神経は指揮、統制、通信。それを支えるサイバーシステムが、今や地球を見えないクモの網のごとく覆っている。

    動的な問題には継続監視の仕組みが必要。バーチャルな監視と政策...続きを読む