「土屋洋」おすすめ作品一覧

「土屋洋」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/12/21更新

ユーザーレビュー

  • 江副浩正
    リクルート創業者、江副浩正氏の自伝的な本。
    彼がどのようにしてリクルートという唯一無二の企業を一代で築き上げたのか。
    起業や新規事業を立ち上げるということはこういうことだ、というエネルギーをもらえる本です。めちゃくちゃ面白い。
  • 江副浩正
    ●感想
    ・緻密な取材に基づく正伝。なのにドラマティック、ワクワクする。
    ・登場人物がすごい
    ・起業ストーリーとして面白い
    ・戦後からバブル崩壊くらいまでの空気感のリアルを追体験できる優れた歴史書でもある
  • 江副浩正
    このひとの熱量の物凄さ、時代や機会を感じ取る才覚の凄まじさに圧倒された。単なる礼賛本ではなく、なぜ「江副二号」のようになってしまったのかと考えさせられるところもある。487頁の分厚い本ながらも、読み始めたら止まらなくなった。稀代の起業家を学ぶ良い機会となった。
  • 江副浩正
    5月に入って米国の人材マッチングの企業Glassdoorを買収し、テレビでもバンバンCF打っているIndeedとともに、人材グローバル企業の道をぐいぐい進んでいるリクルート。先週は株価の史上最高値をつけたとニュースになっていました。そんな会社の礎を築いた男の絶頂と奈落と再生と失意の物語です。東大の学...続きを読む
  • 江副浩正
    【異端児が行く】一代でリクルート・グループを築き上げる一方,政界を巻き込んだリクルート事件で批判の嵐を受けた江副正弘。光と影の両面に焦点をあてながら,江副浩正が残した功績と影響について記した作品です。著者は,両名ともリクルートでの勤務経験を持つ馬場マコトと土屋洋。

    世代的にリクルート事件の影響でし...続きを読む