ピーター・メイルの一覧

「ピーター・メイル」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/07/10更新

ユーザーレビュー

  • ぼくどこからきたの? あるがままの いのちのはなし。ごまかしなし、さしえつき。
    小1の女の子に読み聞かせた。個人的に年中さん年長さんあたりでも良いかと思う。

    「ごまかしなし、さしえつき」と表紙に書いてあり予備知識なく読み進めたら、親が赤面する内容だった。性教育絵本と理解してたが、ここまでとは!確かにごまかしなし…子供は爆笑しながら恥ずかしいーと言ってた。

    個人的には、羞恥心...続きを読む
  • 南仏プロヴァンスの25年 あのころと今
    フランスの田舎のゆったりとした甘美な暮らしが伝わるエッセイ集。南仏プロヴァンスと現代のわたしたちの時間とは、時間の流れ方がまるで違いました。「矍鑠たる」や「庶幾う」など見なれない言葉が時々出てくるので、どんな方が翻訳されているだろうと思ったら、なんと今年80歳を迎えられる翻訳家のお方でした。ピーター...続きを読む
  • 南仏プロヴァンスの12か月
    日々を味わう秘訣が満載。何度でも読みたくなる美しい情景描写。池央耿さんの訳も語彙が豊かでとても読みやすかった。
  • 南仏プロヴァンスの12か月
    旅行記、紀行文ってジャンルに興味を感じたことはなかった。
    だって旅それ自体に関心がないんだもん。
    でも、今回この本を「とりあえず全然期待せずに」読んだら、非常に面白かった。
    プロヴァンスというところに急に詳しくなってしまったような気さえしてくる。
    愛着さえ覚えてしまう。
    この作家の腕は大したものだ。...続きを読む
  • 南仏プロヴァンスの12か月
    この本のお陰でプロヴァンスに移住する人が激増したと言われるほどの、世界的ベストセラー。

    読んでいるだけでお腹一杯になる多彩な食事、素朴な人々との交流、厳しいミストラル、観光客に圧倒される夏、葡萄酒作り、季節より短い時間の単位をもたない、ゆるやかな時の流れが、ユーモア溢れる、しかし、それでいて誠実な...続きを読む