マイケル・L・タッシュマンの一覧

「マイケル・L・タッシュマン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/10/28更新

ユーザーレビュー

  • 両利きの経営―「二兎を追う」戦略が未来を切り拓く
    時代の変化に伴って企業も変わっていなかければ生存することは難しい。生物は概ね細胞の活動により寿命が定められる。一方で法人は外部環境への適応力が寿命を決める。

    イノベーション・ストリーム:
    組織能力(既存・新規)、市場(既存・新規)というマトリックスで狙いを定めること。

    (過去の成功体験にしがみつ...続きを読む
  • 両利きの経営―「二兎を追う」戦略が未来を切り拓く
    いやぁ、やっぱり★5つです。

    ビジネスの世界に入って20年ぐらいでいろいろ経営に関する本も読んできたところ、昨今のVUCA時代で昨年出版されていた当初から気になっていたのだがようやく読めました。
    (というより「両利きの組織をつくる」や「じわじわ死ぬ会社 蘇る会社」「シン・ニホン」「コーポレート・ト...続きを読む
  • 両利きの経営―「二兎を追う」戦略が未来を切り拓く
    価値の源泉となる方法を知るため、読みました。本書の内容を一言でいうと「トップダウンで探索と深化を両立させることがイノベーションに必要」です。人生においても探索と深化を高次元で両立することが必要と感じました。
  • 両利きの経営―「二兎を追う」戦略が未来を切り拓く
    新規事業担当には必読の1冊。知の探索と知の深化。世の中でも皆気が付き始めていることだとは思うが、具体例も豊富に交えて解説してあり頭の整理になる。
  • 両利きの経営―「二兎を追う」戦略が未来を切り拓く
    ■両利きの経営とは
    以下2点をリーダーシップを持って推進していくこと。
    ・知の探索
    自身や自社の既存の認知の範囲を超えて、遠くに認知を広げていこうとする行為
    ・知の深化
    自身や自社の持つ一定分野の知を継続して深掘りし、磨き込んでいく行為

    既存事業の影響や支配を受けずに、一方で既存事業の持つ資産(含...続きを読む