「ジョン・ロック」おすすめ作品一覧

「ジョン・ロック」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/07/17更新

ユーザーレビュー

  • 電子書籍を無名でも100万部売る方法
    電子書籍を99セントなどの価格で100万部売った人が、誰でもできるとアドバイスしてくれる。実際にやる人は、上手くいくかもしれない。僕もこの本のいくつかの箇所を参考にしてトライしてみよう。
  • 完訳 統治二論
    読んだのは、ハードカバーで。中学生でも知っているタイトルですね。
    何が面白いって、キリスト教批判が土台になっているにもかかわらず、父系社会であったり、神が理論の中で登場せざるを得ないところ。でも、理論って絶対的な存在が登場せざるを得ないことが多々あるみたいで、なぜかって、選択を間違わないってことを保...続きを読む
  • 完訳 統治二論
    課題読書なのでノートしながら読む。すごく体力をつかう。終わった時に感じる研究者って生き物のおぞましさ。ロックだぜ!
    読んでて頭に浮かぶのはヒトラーとか大東亜共栄圏とか日米安保とか憲法九条とか2次大戦が起源の出来事。これら市民政府論以後の統治問題に対して、市民政府論はどう解釈されるのか、されるべきなの...続きを読む
  • 電子書籍を無名でも100万部売る方法
    フォトリーディング&高速リーディング。その後熟読。面白かった。取り入れるところは取り入れたい。

    下記に付箋を貼った箇所の要約をのせる:

    83:ニッチを見つけて成功しても、ニッチを外に広げると失敗になる。ニッチで勝負し続ける。

    101:多くの人に嫌われるコンテンツはそれだけ独創的。たとえ悪い評価...続きを読む
  • 完訳 統治二論
    アメリカ独立宣言の理論的基礎となったとされる本書(1690)については、同じ岩波文庫で『市民政府論』としてかなり若い頃に読んだのだが、これは原著の後編に当たる。
    ということで、前編を読んだのは初めてだが、ロバート・フィルマーとかいう人の、王権神授説の流れを汲む著作に対する執拗な批判がもっぱら展開され...続きを読む