黒木渚の一覧

「黒木渚」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/12/15更新

ユーザーレビュー

  • 檸檬の棘
    なぜこの本を選んだのかが思い出せない。
    家族と上手くいっていない人にとって共感できたり、心に刺さったりあるのではないだろうか。
  • 檸檬の棘
    父を憎むことで自分であろうとした主人公。悲劇の中にあると信じることが自分を形作っていたと思っていたのに、憎んだ父の死によりあっけなくその芯が壊れてしまう。残ったのは父への郷愁。
    思春期の想像力でできた世界や、ミキ先輩のような上っ面を作る人物、自分の彼氏との関係など、どこか冷めた目で周りを眺めながらも...続きを読む
  • 檸檬の棘
    親とあまり上手くいっていない人、たぶん泣きます。
    許しが善、憎しみが悪という単純な話ではないです。他者への怒りが生活や仕事の糧になること、よくあるけどそれは怒りの対象に依存することでもあるのかなと思いました。
    同名のアルバムとリンクした私小説なので、ぜひ楽曲も合わせて。
  • 呼吸する町
    何気なく手に取った本でしたが、良かった。
    ラクトルと言う乳酸菌飲料の配達をするラクトルママさんたちの周辺で起こる、切なかったり面白かったりする日常で遭遇するであろう出来事が、良いリズムで描かれています。
    音楽でも活躍してる人らしいので、文章のリズム感が良いのかなぁ。スラスラ読めますが、心に響く箇所が...続きを読む
  • 壁の鹿
    レンタカーの中、朝のFM番組から流れてきた「砂の城」という曲(詩の感性)に衝撃を受けた。誰かに似ている気もしてネットの口コミを読むと椎名林檎の名が現れる。確かに似ているとは思うが、椎名林檎のこともよく知らないからよく分からない。