堀晃の一覧

「堀晃」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/09/15更新

ユーザーレビュー

  • Genesis されど星は流れる
    SFアンソロジー7作品短編集。
    Genesisも3冊目となり、人の想いの数だけSFの世界があることを、あらためて知る構成。
    SFは日常のそこかしこに息づき、私たちの人生に奥行きと彩りを添えてくれます。


    『エレファントな宇宙』
    アクションSF。ミリタリー好きな方に超オススメ。
    宇宙から高次元生命体...続きを読む
  • SF JACK
    SF短編集。どの話も結構面白かった。おすすめ。
    宮部みゆきさんの「さよならの儀式」とか、ほろっとする。
    個人的には、完全ヴァーチャルの世界で生きる人間たちを描いた山本弘氏の「リアリストたち」が好きかな。それと独特の一人称の形式で書かれた新井素子さんの「あの懐かしい蝉の声は」も良かった。。
  • 遺跡の声
    良くも悪くも、その後の日本SF界を完全に改変することになった(Wikipedia「太陽風交点事件」参照)「太陽風交点」をはじめとする連作短編集( ´ ▽ ` )ノ(しかしGoogle日本語入力で、「太陽風交点」より先に「太陽風交点事件」が変換予測されるだなんて(゚д゚)!)
    久々に読み返してみて、「...続きを読む
  • Genesis 一万年の午後
    2018年末に刊行された新しめの日本SFアンソロジー。短編8編+エッセイ2編が収録されています。

    アンソロジーを読むこと自体、ちょっと良い(と見込んだ)食事処にぷらっと入って「おまかせコース」を頼むようなもので、満足したい気持ちと、意外なものを味わいたい気持ちが同居していると思います。
    個人的には...続きを読む
  • バビロニア・ウェーブ
    太陽系辺縁で発見された高エネルギービーム帯の謎。
    人間には計り知れない宇宙の不可解さがあり、すごく怖いけどそこが面白い。
    宇宙育ち特有の感性が細かくて実在感がある。
    謎も残るけど、宇宙は謎でそれもよし。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!