「堀晃」おすすめ作品一覧

「堀晃」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/04/25更新

ユーザーレビュー

  • 遺跡の声
    良くも悪くも、その後の日本SF界を完全に改変することになった(Wikipedia「太陽風交点事件」参照)「太陽風交点」をはじめとする連作短編集( ´ ▽ ` )ノ(しかしGoogle日本語入力で、「太陽風交点」より先に「太陽風交点事件」が変換予測されるだなんて(゚д゚)!)
    久々に読み返してみて、「...続きを読む
  • 遺跡の声
     久しぶりに日本人のハードSFな1冊を読むことができた。
     傑作「太陽風交点」にはじまる9編の連作が収録されている。
     ≪宇宙遺跡調査員≫の”私”は、第1編で”妻”を失い、最終編で”息子”を失っている。ハードSFなのだが、悲しい物語でもある。
  • バビロニア・ウェーブ
    帯の言葉『銀画面を垂直に貫く、直径1200万キロ、全長5380光年のレーザー光束の謎』

    人類が宇宙にが発見したレーザー光束。太陽系からわずか3光日の距離にあるそれはいつどのようにしてできたのかわからない。
    しかし、それらは事実上無尽蔵のエネルギー源として利用することが可能になる。レーザ光束を鏡を用...続きを読む
  • SF JACK
    11人の作家によるSF短編集。それぞれの世界が変わっていて面白い。未来の世界がどれかに近かったら‥‥
  • 遺跡の声
    超高度ネットワーク文明の部分がとても印象に残った。このままクラウド化と高速通信化が続いていけば、いずれ人類も同じ道を辿ることになるのだろうか?話すこと、記憶すること、様々なことをコンピュータにアウトソーシングしていく先で人類はどうなっていくのか、哲学的な視点から考えさせられる内容であった。

特集