「浅生鴨」おすすめ作品一覧

「浅生鴨」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/02/27更新

ユーザーレビュー

  • 猫たちの色メガネ
    話の中で必ず猫が登場する27の掌編。世にも奇妙な物語と星新一のショートショートの間をいくような天才浅生鴨さんのオリジナリティ溢れる才気溢れる短編集。感情や予想を大きく裏切られる展開が徐々に癖になる。出来ないものもあるがそれこそNHKやEテレなんかで映像化したら話題になりそう。「親しげな店員」や「鍵穴...続きを読む
  • 伴走者
    伴走者から見た、全盲の人のマラソンとスキーの世界。知らない事を知ることはいかに楽しい体験であるかを思い知らせてくれる、素晴らしい小説だった。続編強く希望
  • 伴走者
    視覚障害のある選手と、伴走者の物語。
    夏のマラソン編と、冬のスキー編。
    全く違うテイストで、どちらも熱く、読みました。

    久しぶりに、没頭できる物語と出会えました。
  • 伴走者
    視覚障害のある選手と伴走者が競技に挑む姿に胸が熱くなった。
    自分も一緒に走り(滑り)ながら選手の目となりスピードのあるなかで状況判断をして誘導する伴走者という役の難しさ、パラスポーツの世界、視覚障害者への接し方など、この本を読んでたくさんのことを知った。
  • 伴走者
    エンターテイメントとして面白く、また、僕がよく知らない、世間に知られていない視覚障害のあるアスリートをサポートする「伴走者」について新たな知識を与えてくれる書。

    キャラクターの強い選手を配置して小説を魅力あるものにする能力のある作家という気がする。

    久しぶりに、あっという間に読み終えるという体験...続きを読む

特集