宇多丸の一覧

「宇多丸」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/07/14更新

ユーザーレビュー

  • 私がオバさんになったよ
    きっかけは中野先生との対談が読みたくて手に取ったのだが、全編とても面白い!これをベースに自分自身が新しい考え方を手に入れられるような1冊だった。
    多様性とか、フェミニズムとか、男性の生きづらさとか、結婚、子どもを産んでいないことについて、とか。海野つなみ先生の逃げ恥は全然知らなかったのでものすごく興...続きを読む
  • 私がオバさんになったよ
    仲間意識と排外主義はセット、とか、将来のビジョンとか夢なんかない、とか、人間の想像力なんてそれぞれの経験をベースにした演繹と帰納の繰り返しでしかないというのが2回くらい出てくる、とか、おお〜!と。

    どれもおもしろかったが、最後の能町さんとの対談がよかった。

    以下引用(p.268)・・・
    ジェーン...続きを読む
  • ライムスター宇多丸の映画カウンセリング(新潮文庫)
    映画を薦める「ために」悩みを聴くという面白い試みのカルチャーガイド本。宇多丸氏が様々な悩みの切り口から連想ゲーム的に映画を勧めます。汲めども尽きぬ泉のような氏の映画愛と知識、そして時折前面に出る各悩みに対する熱い持論が楽しい一冊。(*カウンセリング本ではありません。)
  • 学校に行きたくない君へ
     『不登校新聞』に掲載された,著名人へのインタビューを再編集した本。
     これらのインタビューアは,不登校・引きこもりの当事者・経験者である子ども・若者編集部たち。代表理事の奥地恵子さんの言葉を借りると「自分が本当に聞きたいことを聞くという真剣さが引き出すのか,二十名の方々の深い人生観に出会えました」...続きを読む
  • 私がオバさんになったよ
    女性だけでなく、男性も苦しめているジェンダーって初めて意識した。
    どの人との対談も面白い。
    特に、山内マリコさん、田中俊之さん、海野つなみさん。
    女性の生きづらさは男性の生きづらさにつながってるという気づき。
    宇多丸さんとの対談は、また違う面白さ。
    仁さんって、スーさんの同期だった!
    宇多丸さんの対...続きを読む