「市川春子」おすすめ作品一覧

【市川春子】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:市川春子(イチカワハルコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1980年
  • 出身地:日本 / 千葉県
  • 職業:マンガ家

北海道教育大学美術科卒。2006年『虫と歌』でデビュー、同作で第14回手塚治虫文化賞新生賞受賞。作品に『25時のバカンス』、『宝石の国』、『日下兄妹』などがある。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/07/25更新

ユーザーレビュー

  • 虫と歌 市川春子作品集
    市川春子さんの作品の、漫画ならではの表現。本当に凄いなぁと思う。
    前回読んだ時はあまり漫画に慣れてなかったのか若かったのか、ところどころで意味を解することができてなかった部分があった気がする。
    今、やっとしっくりくる形で読むことができて、地味に感激している。
  • 虫と歌 市川春子作品集
    表紙を見て直感でこれは面白いだろうと思った。
    家族愛や兄弟愛がテーマだが、どの話も人と人ならざるものが主である。
    シンプルな線と影と光の描写で描き出される壮大で愛おしくも切ないストーリーはぜひ読んでほしい。
  • 宝石の国 7巻
    前巻の終わりと本巻の表紙絵に度肝を抜かれて思わず「ブラックジャック先生…」と神の名を呼んでしまったけれど、
    そしてもうなんかわけわかんない展開だな!と思ったのだけれど、
    全ては必要なことだったのだ、と納得した。
    そして多くの伏線が回収されて、物語が大きく動いて、これは極めて重要な巻だった。

    「みん...続きを読む
  • 宝石の国 7巻
    こんなに読んだ後に次が読みたくて悶える漫画は久しぶりかもしれません。
    フォスとシンシャの関係もなんだかもどかしい。
  • 宝石の国 7巻
    先生の新しい表情が見える度によくわからないせつなさがこみあげる。にんげんと何があったんだー!先生ー!教えてくれー!

    やんちゃなフォスがちょこっと戻ってきてくれてうれしかったです。進みそうで進まないシンシャとの関係がもどかしいなあ。

特集