市川春子の一覧

「市川春子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:市川春子(イチカワハルコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1980年
  • 出身地:日本 / 千葉県
  • 職業:マンガ家

北海道教育大学美術科卒。2006年『虫と歌』でデビュー、同作で第14回手塚治虫文化賞新生賞受賞。作品に『25時のバカンス』、『宝石の国』、『日下兄妹』などがある。

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/11/25更新

ユーザーレビュー

  • 25時のバカンス 市川春子作品集II
    ちょっぴり寂しくて、でも、少し温かくてよかった。
    表題作の25時のバカンスが好き。
    百瀬、こっちを向いて、のなみうちぎわ、にも通ずる何かを感じたけど、なんだか、2人が後半になってお互いの気持ちを認めていく過程もとてもよくて、なんだか、よかった。
  • 宝石の国(1)
    アニメから入り、11巻まで一気読みしました。
    髪の色など覚えやすく、アニメから入ったのは正解でした。
    世界観がとても好きで、設定もよく考えられていて面白いです。どんな状況になっても主人公のフォスが大好きなのですが、11巻まで読み終えた今、1巻のバカでかわいいフォスが恋しくて仕方ありません…。
    ...続きを読む
  • 宝石の国(11)
    アータクチサイトとゴースト(姫になる前のカンゴーム)もとても好きだったので今は心にぽっかり穴が空いています。
    フォスにシンクロ…(笑)
    ゴーストの記憶がなくなっても、カンゴームとフォスの過ごした時間で積み上げられたものはなかったのだろうか。シンシャとの関係も…岬の洞窟で画板に手を伸ばしたフォスに...続きを読む
  • 虫と歌 市川春子作品集
    独語の充足感が心地良いです。
    静かな画面の中、独特のテンポで飛び交う会話とストーリー。
    大好きです。
  • 25時のバカンス 市川春子作品集II
     とりあえず最初に絵がめっちゃくちゃ綺麗(beautifulの意味です‼︎)です。お話はもっと綺麗で、なんか今思ったのは泡みたいな、柔らかいけど突っついたらなくなっちゃう様な感じがしました。

     流れる幸せな時間がちょっと不安を孕んでいて、その空気感がめちゃくちゃ素敵でした。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!