丸山健二の一覧

「丸山健二」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/04/02更新

ユーザーレビュー

  • 夏の流れ 丸山健二初期作品集
    日本文学史上の最高傑作の一つだと思う。
    無駄の無い削ぎ落とされた文章。看守の息遣いが聞こえてきそうな臨場感。

    ただただ、圧倒されるばかり。
  • 生きることは闘うことだ
    あえて読ませようと、ツイッターと同じ制限文字数で、刺さる言葉をどんどん投げかけてくる本。

    闘わないで生きるなんてもったいない。
  • まだ見ぬ書き手へ
    なんとなく、この本って男性を対象に書いている気がするんだよね……。そこら辺が鼻につくっていやぁ、つく。
  • 夏の流れ 丸山健二初期作品集
     徹底的に無駄を排除し、最低限の言葉で世の中を俯瞰し、適切なテンポの会話で、最後には読者に「どう思う?」と投げかけられているように感じる。
     これほどまでにシンプルなのに、なぜ複雑な思いを抱かされるのか、これこそ、この作品の持つ大きな力なのだろう。
  • 夏の流れ 丸山健二初期作品集
    中学生の時に読んだ本。 間違いなくお勧め。

    もちろん題名になっている「夏の流れ」は面白い。刑務官という職を見事に描いている。死刑制度の論争などをする際には一度読んでみると視点を変えて問題に取り組めるかもしれない。

    他の短編も面白い。ぜひ読んでください。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!