緑慎也の一覧

「緑慎也」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:緑慎也(ミドリシンヤ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1976年
  • 職業:ジャーナリスト

著書に『山中伸弥先生に,人生とiPS細胞について聞いてみた 』がある。

作品一覧

2021/02/17更新

ユーザーレビュー

  • 山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた
    ・学生、社会人、研究者を志す人、iPS細胞について知りたい人など、いろんな人におすすめしたい一冊。

    ・「山中先生にも挫折経験があるし、研究をやめたい時期もあった」ということを知り、人生うまくいかない時期があってもいいんだよなと勇気づけられた。「人間万事塞翁が馬」の精神を学んだ。私にとって本書は、御...続きを読む
  • 山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた
     受験勉強はマラソンのようだと例える例があまり好きではない私だか、随所に出てくる山中教授の研究をマラソンに例える例はストンと落ちる。
    「焦る気持ちをおさえて慎重に、しかも着実に課題を乗り越えていくこと。結局はそれがそれが、いちばん早くゴールに辿り着く道だと思うんです。」
    まさにそうだと思った。研究だ...続きを読む
  • 青春サプリ。 いつだってそこに仲間がいる
    ちなみに、第2章の話は、バレーボールの国内リーグのVリーグのDENSOエアリービーズに所属している工藤嶺選手と中元南選手の高校時代のお話です。
  • 認知症の新しい常識(新潮新書)
    アミロイドβが認知症解決の鍵を握っているかもしれないし、ミクログリアやタウタンパク質がそうなのかも的な議論をしていたけど、結局のところ今現在認知症を根本的に解決する手段はないみたいな感じだった。
    それ故に予防をすることが大切で、適度な運動とバランスの取れた食事と適度な睡眠時間を取ることをベースに、プ...続きを読む
  • 認知症の新しい常識(新潮新書)
    認知症の新しい常識。

    面白い本だと思ったので紹介させていただく。
    「認知症の新しい常識」という本だ。
    本書では認知症に関する話が複数用意されていた。
    その中で3つ面白い内容がある。
    1、新薬の登場
    今までの認知症薬は元気な細胞を刺激して活発化させることが多い。
    今回登場したのはアミロイドβを作るの...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!