檜山良昭の一覧

「檜山良昭」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:檜山良昭(ヒヤマヨシアキ)
  • 生年月日:1943年09月05日
  • 出身地:日本 / 茨城県
  • 職業:小説家

京都大学大学院経済学研究科修了。1978年『スターリン暗殺計画』でデビュー。『大逆転!太平洋大海戦』など、数多くの作品を手がける。

作品一覧

2015/10/30更新

ユーザーレビュー

  • スターリン暗殺計画(電子復刻版)

    日本人を見直す大戦秘話

    開口健が、読み出して止まらず、自分が直木賞の選者なら迷うこと無く推すと、昔書評に書いてました。裏切られませんよ。
  • 大逆転! 幻の超重爆撃機「富嶽」1~アメリカ本土奇襲編~
    檜山先生の得意の大逆転シリーズです。
    このシリーズでは、巨大爆撃機富岳に乗ってあちらこちらに爆弾の雨を降らせる話です。
    記念すべき1巻目はいきなり米本土飛行機工場爆撃と、かなり派手です。
  • 大逆転! 幻の超重爆撃機「富嶽」8~原爆投下を阻止せよ!~
    最終話です。
    最後の出撃となった富岳が、苦戦しつつも任務を完遂しようとする姿、そして主人公の近藤隊長に涙する物語です。
  • 大逆転! 幻の超重爆撃機「富嶽」7~ヒトラーを救出せよ!~
    ヒトラー救出作戦の巻です。
    この巻では、とこどころにハラハラさせる部分もあり、なかなか読み応えがありました。
    それにしても、この巻に書かれているヒトラーはけっこう悪です。
  • 日本本土決戦~昭和20年11月、米軍皇土へ侵攻す!~

    虚しさを通り越した何か

    80年代に描かれた戦争シミュレーション。太平洋戦争を主題にしたこの手のシミュレーションは数多くあり、勝利も敗北も無数にあるが、今回はまさに本土決戦という現実にあと一歩で起こっていた最悪の「続き」をテーマにしている。

    この小説の悲惨さは当時の帝国の国体、すなわちに命を懸けた尊皇意識のあまりの薄情...続きを読む