長沢伸也の一覧

「長沢伸也」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/05/14更新

ユーザーレビュー

  • カルティエ 最強のブランド創造経営―巨大ラグジュアリー複合企業「リシュモン」に学ぶ感性価値の高め方
    読もうと思った理由
    ヨーロッパ企業のブランド経営について知りたいと思ったから

    気づき
    ・日本企業が参考にすべきはGAFAではない
    ・今こそ日本企業は、価格破壊に抗い、それぞれの業界
     における高付加価値化、高価格化を目指していかなけ
     ればならない
    ・価格競争から抜け出すために
    ①一人の顧客に生涯...続きを読む
  • ルイ・ヴィトンの法則 最強のブランド戦略
    知らなかった世界。エルメスとルイヴィトンは真逆の経営スタイルであることに驚き‼️
    高級ブランドのコングロマリット化が成されているとか初めて知った。
    その歴史、こだわり、マーケティング、どれをとってもルイヴィトンは最高❗️
    買いに行きたくなる。
  • グッチの戦略―名門を3度よみがえらせた驚異のブランドイノベーション
    ラグジュアリーブランドとしてのグッチの歴史と戦略がわかる。
    デ・ソーレによる改革がとても重要だったようだ。
    ブランド購入をする市場として、日本は1国で全世界の10%強を占める。すごい。
    クチュリエとは、遠近画法に向かう建築家、形態を求める彫刻家、色彩に向かう画家、調和を求める音楽家、プロポーション(...続きを読む
  • 「機械式時計」という名のラグジュアリー戦略
    スウォッチグループの歴史と共にスイス時計産業の勃興とそのブランド戦略の変遷を解説する。
    学問的な見地から詳細に説明されており、出典やデータなどは非常に細かく正確だが、読み物としては少々煩雑に思われる。

    1960年代のスイス時計産業の構造的な問題は比較的小規模な事業者が多角的なラインナップを揃えよう...続きを読む
  • シャネルの戦略 究極のラグジュアリーブランドに見る技術経営
    ココ・シャネルのシャネルではなく、現代のシャネル社についてが中心。他のラグジュアリーブランドと比べて、特徴的なのは、独立経営である点なのだそう。エルメスとの比較、相違点なども触れられている。知的財産権に対する戦略は特に興味深い内容だった。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!