「古谷文太」おすすめ作品一覧

「古谷文太」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/08/31更新

ユーザーレビュー

  • 「値引きして売れるなら捨てるよりマシ」は本当か?
    会社で上司をなかなか説得できず、損得勘定をもっと具体的にしたいと思い、本を読んでヒントをもらおうとした時に出会った本。

    本線はビジネス小説で、とある衣料品メーカーが舞台。様々な登場人物が経営課題を通して、経営判断のための損得学に基づいて判断ができるまでを描いています。

    4章立てで、それぞれに別の...続きを読む
  • 「値引きして売れるなら捨てるよりマシ」は本当か?
    著者は企業マネジメントの専門家。
    米国公認会計士&技術経営学修士。


    著者の専門である「損得学」に関する内容。


    「損得学」とは、「将来どちらのほうが儲かるか」ということを
    考える学問。

    ビジネスにおいては必須ですね。

    小説風でストーリーが進むにつれて損得学を学べる。

    実務に最適なので「製...続きを読む
  • コカ・コーラに学ぶ ビッグ・ウォレット戦略
    株主関係が複雑に絡むコカコーラ事業体制の中で、関連会社間の枠を超えた在庫管理やサプライチェーンシステムを構築した著者による、戦略構築・推進の苦労話。コラボレーションが重要テーマとなる事業推進において、管理会計体系の統一というテーマがいかに大切かに気づかされます。
  • 「値引きして売れるなら捨てるよりマシ」は本当か?
    どちらを選べば得するのか、損するのかを
    考える方法論を説いた本。

    会計の本かと思って、読み始めましたが、
    あまり会計用語は出てこずに、お金の面から、
    どんな行動をするのが一番得するのか(会社の利益になるのか)を
    アパレルメーカーの経営企画所属の主人公が
    できる上司にリードされながら、考...続きを読む
  • コカ・コーラに学ぶ ビッグ・ウォレット戦略
    グループ間で大量仕入れや効率化を重視して、スケールメリットを活かしたコスト削減を図れる手法を記載したビジネスモデル