「高橋慶太郎」おすすめ作品一覧

「高橋慶太郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:高橋慶太郎(タカハシケイタロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1978年
  • 出身地:日本 / 神奈川県
  • 職業:マンガ家

多摩美術大学美術学部中退。1999年『Ordinary±』デビュー。『ヨルムンガンド』、 『デストロ246』などの作品を手がける。

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/09/19更新

ユーザーレビュー

  • 【期間限定 無料お試し版】デストロ246(1)

    感想 デストロ246

    この方の作品はとても好きです。日常に紛れた非現実を読むというか、感じると云いますか。で、最後は平和(?)に終わる所が良い。血みどろの結末で、後味最悪なんて好きくありません。
    デストロは開始時からハードバトルの連続で、少年誌爆走状態なのに、ラストは少女漫画臭が漂っていました。まあ、殺し屋といえど女子...続きを読む
  • デストロ246(7)
    最終巻!!
    大円団、と言いきりにくい終わり方で、正直なトコ、もうちょっと読みたかったな、ってのが隠せぬ本音。ラストがオマケ漫画じゃなく、GXの表紙を飾ったイラストギャラリーってのも、少し残念
    とは言え、すでに次回作の連載に、高橋先生が動き出しているようなので、ワクワクしている
    ド派手なガンアクション...続きを読む
  • デストロ246(7)
    嗚呼、完結。これほどの痛快世界はそうそう無いだろうに。。面白い、為になる、とかじゃない、ただただ好奇心を煽られるそういう世界だった。
  • デストロ246(5)
    この作品では男は死ぬために存在してるようなものだなあと改めて実感。話的には何となくインターバルというか次の山場への導火線みたいな感じの巻だった。
  • ヨルムンガンド(11)
    ココの野望ヨルムンガンドが明らかに。これが正しい選択なのかどうかは別にして、この戦場における武器商人という壮大でリアルな物語を完成させた作者に感謝します。凄い緊迫感だったしそれぞれのキャラクターの描き方が素晴らしかった。惜しむらくはラストにアールがいないこと(泣)ヨナは正しい選択をしたのだろうか?結...続きを読む

特集