「朔ユキ蔵」おすすめ作品一覧

「朔ユキ蔵」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:朔ユキ蔵(サクユキゾウ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1973年
  • 出身地:日本 / 栃木県
  • 職業:マンガ家

1997年『きのうの裏庭』でデビュー。『つゆダク』、『ハクバノ王子サマ』、『お慕い申し上げます』などの作品を手がける。

作品一覧

2016/04/22更新

ユーザーレビュー

  • セルフ(4)

    バカだな~

    ドラマティックなラブの要素はあまりありませんが、
    毎回バカバカしくて笑えます。
    そして、人間の性について考えちゃいました。
  • お慕い申し上げます 6

    すごくよかった

    つゆダクを読んでいて、Hでおバカだけどその向こうに何かあるな、と思っていたものが昇華されたような一昨でした。ちょっとライトにHで俗なところを入れた導入から、恋愛沙汰をツナギにして、仏教の素人である読者を最後の生死感へぐいっと持っていく感じ、見事で素晴らしいです。とても面白くて、読んでよかった漫画に久...続きを読む
  • お慕い申し上げます 6
    人生は楽しいことばかりではないが、辛さがずっと続くというわけでもない。その時々の心を支配するあらゆる感情は揺らぎ、凝縮し、薄れ…変化する。世は無常なのだ。変わらないものなど何もない。
    親しい者の死を看取り、老いて体が衰えていき、己の死を予感した時に心穏やかにいられるのだろうか?そうで在りたい。そのた...続きを読む
  • ハクバノ王子サマ(1)
    三十路女子の、恋愛に対する心境を、
    確実に表現しています。

    若い時ほど素直になれなくて、
    年下男子の社交辞令に舞い上がって、
    でも表情には出さなくて。。

    で、本命に彼女がいてがっかりしたり。
    でも、そしらぬ素振りをするしかなくて。。

    すごく、共感できる作品です!

    で、ときめきます!

    年を重...続きを読む
  • お慕い申し上げます 6
    圧巻としかいいようがない最終巻。
    こんな着地点が待っていたなんて・・・不純な動機で読み始めた1巻の頃から、自分を取り巻く環境・そして心境が大きく変化していたこともあり、登場人物たちのひとつひとつの決断に、静かに共感することができた。

    死ぬこと、去ること
    生きること、残ること
    この先何度となく訪れる...続きを読む

特集