「海道龍一朗」おすすめ作品一覧

「海道龍一朗」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/10/06更新

ユーザーレビュー

  • 我、六道を懼れず[立国篇] 真田昌幸連戦記
    前の巻と同じく話がぶつ切りで飛びますが今までの昌幸像とは違っていて一気に読み切りました。遡って幸隆やあまり描かれることのない信幸を題材にして欲しいですね。
  • 華、散りゆけど 真田幸村 連戦記
    大河の真田丸にハマったので購入し、読み終えました。歴史の知識は大河からしか得なかった私でも楽しめました。地図がついていたのがありがたかった。
  • 我、六道を懼れず[立国篇] 真田昌幸連戦記
    長篠以降から関ヶ原までの真田昌幸を描く。
    そう、真田家って戦いに勝って敗将になったんだよなぁ。
    政治的に敗北したわけで、これをみると戦争って政治の一形態であることがよく分かる。地域戦で勝っても大局を見誤るとどうしようもないってことだ。
    あ、情けないけど、信幸が信之に改名した理由を初めて知ったぞ。史実...続きを読む
  • 室町耽美抄 花鏡
    日本文化の源流を築いた室町時代を代表する四名の巨人たちを主人公にした短編集。どの作品も甲乙つけ難い味わいを醸し出している。
    ほぼ同時代に、能、禅宗、茶の世界に審美眼を備えた傑出した人物が登場してくるが、その時代の雰囲気が連作短編のなかに生き生きと描かれている。
  • 北條龍虎伝(上)
    後北条氏3代目氏康の話。
    後北条氏の小説、川越夜戦の話は今まであまり縁がなかったので、読んでみた。
    この作者の本は初めて読んだが、読みやすく楽しんで読めた。