鳥居みゆきの一覧

「鳥居みゆき」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/10/20更新

ユーザーレビュー

  • 余った傘はありません
    お笑い芸人のボケがたくさん練り込まれている小説で、すごい面白かったです。怖かったけど。劇団ひとりさんの陰日向に咲くのように各々のストーリーが繋がっているらしかったけど、ボケやホラー要素に引っ張られていて、その辺はよく分かりませんでした。もう一回読めと言うことなのでしょう。
  • 余った傘はありません
    2018年、28冊目は、鳥居みゆき!!

    四月一日生まれの一卵性双生児、よしえと、ときえ。その家族と周りの人々のエピソードを時系列を前後しながら綴った連作長編。

    実は、鳥居みゆきの処女作、『夜にはずっと深い夜を』も読んでてけっこう気に入ってた。今回、あまり重いモノ避けたくて、軽い気持ちで手に取った...続きを読む
  • 余った傘はありません
     鳥居みゆきの芸風が割と好きだったので、「どんな小説を書くのだろう」という興味から購入。
     きちんと伏線を張ったり、ちょっとした仕掛けを施したり、思った以上に面白かった。
    「なんとなく他で見たことがある展開だなぁ」とか「設定にちょっと無理があるよなぁ」とか「なんだか無駄な文章が多いなぁ」と感じた箇...続きを読む
  • 余った傘はありません
    予想以上に凄い話だった。レッドカーペット芸人をディスっているところとかよりも、普通に話が熱くて良かった。こういう形式の小説ってなんていうんだっけ。人物再登場じゃなくて……オムニバス形式じゃなくて……。「クレーム」と「道化」が良いけれど、道化は最初から読んでいかないと面白さがわからないようになっている...続きを読む
  • 余った傘はありません
    16/1/14
    伝わらない気持ち、伝えられない気持ち、すれ違いや勘違い…。知らず知らずに傷つけていたり、ぬかよろこびしたり…。
    とにかく人と人との関係は難しい。

    ずっと憎んでいたあの人に対しても、優しい気持ちを持てるようになりました。