山田雄司の一覧

「山田雄司」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/02/07更新

ユーザーレビュー

  • 忍者の精神
    忍術の精神論を記述している『万川集海』を中心に、古代中国の兵法書の一つである『孫氏』の影響を考察し、「正心」の考え方を探り、主君と忍びの精神的な関係を基にした忍びの手法を論じている.膨大な量の資料を読み解く苦労は大変な作業と思うが、朝日新聞の記事では多くの若い学生が精力的に取り組んでいる由.素晴らし...続きを読む
  • 忍者の歴史
    凄い量の資料を駆使して忍者を具体化してくれる本だが,古い文を読むのはきつい.伊賀甲賀の地元の三重大学に忍者の研究拠点ができたことは素晴らしいと感じている.忍びとして必要な十の要素がp. 117に挙げられているが,これが達成できるのはまさに忍者だと思った.
  • 忍者はすごかった 忍術書81の謎を解く
    忍とはどういうものだったのか。
    これを読むと、少しイメージが変わる人もいるかもしれない。
    皆のイメージするものよりも、どちらかといえばスパイのような。
    多方面の知識を多量に持ち合わせ、コミュニケーション能力が高く、敵を騙しつつも忠を忘れず、肉体の強化も怠らず、欲を出さない。
    経営者のあるべき姿のよう...続きを読む
  • 忍者はすごかった 忍術書81の謎を解く
    <目次>
    第1章  忍びの情報学
    第2章  忍びのコミュニケーション
    第3章  忍びと禁欲
    第4章  忍びの使命
    第5章  忍びの洞察力
    第6章  忍びの精神
    第7章  忍びとは何か

    <内容>
    見かけと違った。もっと「忍者」を推してくるかと思ったら、古文書の史料を使って、「忍び」は宮仕えで、主君の...続きを読む
  • 忍者の歴史
     おそらく史上初の歴史学者による「忍者」の研究。歴史的存在としての「忍び」は情報収集・攪乱や後方支援を主とする工作員で、巷間に伝わる「忍法」「忍術」や超人的戦士像は近世以降のフィクションであることが明示されている。