忍者はすごかった 忍術書81の謎を解く

忍者はすごかった 忍術書81の謎を解く

作者名 :
通常価格 815円 (741円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

最大の敵は「酒」「性欲」「金」だった!
忍者研究の第一人者が、400年前の忍術書から〈忍びの情報学〉を伝授する。

黒装束で素早く動き、手裏剣で敵を撃退する……忍者に対するそんなイメージは、すべてフィクションだった!
「忍者」という呼び名自体が昭和30年代に小説などを通じて定着したもので、歴史的には「忍び」と呼ばれた。
最も大事な使命は、敵方の情報を主君に伝えるため必ず生きて帰ること。
敵城に忍び込んで情報を得ることはもちろん、日中は僧侶や旅人に化けて話を聞き出していた。
「酒、淫乱、博打で敵を利用せよ」「人の心の縛り方」など忍術書の81の教えから、忍者の本当の姿を克明に浮かび上がらせる。

【もくじ】
第一章 忍びの情報学
●メディア未発達時代の情報収集術
●蚊や蠅、ノミやシラミにも学べ ほか

第二章 忍びのコミュニケーション
●友人関係を見れば、その人の嗜好がわかる
●相手が自分より賢いか、愚かかを知る方法 ほか

第三章 忍びと禁欲
●酒、淫乱、博打で敵を利用する
●人の心の縛り方 ほか

第四章 忍びの使命
●忍びの道具と服装
●「忍術の三病」は恐れ、侮り、考えすぎ ほか

第五章 忍びの洞察力
●黒子の位置で性格がわかる?
●「四知の伝」を駆使して敵を寝返らせる ほか

第六章 忍びの精神
●心の上に刃を置いて「忍」
●必要なのは「知恵」「記憶力」「コミュニケーション能力」 ほか

第七章 忍びとは何か
●名声を博すようでは一流ではない
●ブルース・リーも忍術書を読んでいた? ほか

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎新書
電子版発売日
2017年07月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

忍者はすごかった 忍術書81の謎を解く のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年06月24日

    忍とはどういうものだったのか。
    これを読むと、少しイメージが変わる人もいるかもしれない。
    皆のイメージするものよりも、どちらかといえばスパイのような。
    多方面の知識を多量に持ち合わせ、コミュニケーション能力が高く、敵を騙しつつも忠を忘れず、肉体の強化も怠らず、欲を出さない。
    経営者のあるべき姿のよう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月13日

    <目次>
    第1章  忍びの情報学
    第2章  忍びのコミュニケーション
    第3章  忍びと禁欲
    第4章  忍びの使命
    第5章  忍びの洞察力
    第6章  忍びの精神
    第7章  忍びとは何か

    <内容>
    見かけと違った。もっと「忍者」を推してくるかと思ったら、古文書の史料を使って、「忍び」は宮仕えで、主君の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています