マイケル・E・ポーターの一覧

「マイケル・E・ポーター」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/10/28更新

ユーザーレビュー

  • [新版]競争戦略論I
    適当なビジネス書を多読するよりも、古典論文を一冊しっかりと理解する方が良いとこの本で悟った・・・。

    学んだ要素ピックアップ。
    競合優位、5F、VC、フィランソロピー、CSR
  • [新版]競争戦略論I
    大学のゼミで輪読した。しかし、内容はほとんど覚えていない。ただ、何度か読み返す価値のある本だと思う。
  • [新版]競争戦略論I
    企業が潰れる時っていうのは、競争相手にヤラレタというよりは自らの生産力や活力の減退に起因することの方が多い・・・的な話をどこかで聞いたことがあるが、この本もそれに近い指摘をする。

    要するに企業間の競争は、いかに相手を出し抜くかということもあるだろうけれども、コアコンピタンス、すなわち自身の強みを認...続きを読む
  • [新版]競争戦略論I
    ポーター氏の競争戦略論に関する論文をまとめたもよ。
    競争要因の深堀りから始まり、戦略、特にポジショニングの確立について、衰退産業、企業戦略と幅広く書かれている。
    企業が経営する中で、他社と競合関係にある場合、ポーター氏の競争戦略的な視点は有効だと思う。
    ただ変化の早いIT産業では向いていない部分もあ...続きを読む
  • [新版]競争戦略論II
    ポーターの競争戦略後半部分。特に国レベルのマクロ視点で見た場合の戦略や競争優位について書かれてある。
    国レベルで見た場合、クラスターという概念が重要で
    グローバルレベルで見た立地の影響力や企業が産業がなぜその地で反映してるか
    新たな協業を生み出す意味でも国の政策視点、マクロ経済視点が必要だとの事。
    ...続きを読む