八谷紬の一覧

「八谷紬」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/08/15更新

ユーザーレビュー

  • 夕星の下、僕らは嘘をつく
    決して優しさだけでは語れない人間の感情や関係から目を背け京都にやってきた主人公が、自分が今まで執着していた世界から色々な人達との関わりを得て離れていき、最終的に自分の道を見つけ出すという話の流れや、それに伴って生じる感情の変化等がとても見ていて心地よい、更には少し勇気が貰えるような印象を受けました。...続きを読む
  • ラストは絶対、想定外。~スターツ出版文庫 7つのアンソロジー2~
    いぬじゅんさん、灰芭まれさん、櫻井千姫さんが大好きで、購入。
    他の著者さんの作品もなかなか、面白みがあった。
    これで、好きな著者を作るのも大事だと思う。
  • ラストは絶対、想定外。~スターツ出版文庫 7つのアンソロジー2~
    「いつかねむりにつく日」のドラマを見ていぬじゅんさんを知り、本屋でこの本を見つけて即買い。一気読みでした。
    【帯より引用】
    人気作家7名の一気読み短編集。
  • 夕星の下、僕らは嘘をつく
    京都を舞台に、優しく流れる話のようで、しかし過酷な運命を背負う主人公の少女は強かった。強かったんだと分かった。
    他人の声に色が見えるという能力は、考えたら地獄のようなものだと思う。著者のサド加減が伺えます(笑

    辛さから逃げてもいい。がんばるのもいい。すべて自分。
    晴はその自分のなかにあるものを己が...続きを読む
  • 夕星の下、僕らは嘘をつく
    蓋をして逃げて、目をそらして俯いて、それでも歯をくいしばる。
    そんな中で触れ合ったもの、見えたもの。

    人と人のつながりは、どうしたって欲が出る。好かれたいとか仲良くしたいとか一番になりたいとか。良くも悪くも、人はひとりきりじゃないから。

    いいんだよ。

    いろんな意味で、いいんだよ、そう言ってもら...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!