蒲生俊敬の一覧

「蒲生俊敬」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2018/08/22更新

ユーザーレビュー

  • 太平洋 その深層で起こっていること
    海水の動きから超深海まで、そして超深海微生物のPCBsで終わる。目まぐるしいが、それも含めて研究史から最新の話まで、大きく、深い。
  • 太平洋 その深層で起こっていること
    読んでいてワクワクするような稀有な科学読み物。ほとんど一気読みでした。

    宇宙飛行士が550人を数える時代に1万メートル超の海溝底に到達したのは3人だけ。太平洋の平均深度は4188メートルもあり、最も深いマリアナ海溝にあるチャレンジャー海淵は1万920メートルもあります。
    著者の蒲生俊敬さんは研究船...続きを読む
  • 太平洋 その深層で起こっていること
    太平洋について、その海洋を「柔らかい太平洋」とし、その海洋底以下のプレートを「堅い太平洋」として、太平洋地域全体をそれぞれの研究発展史も含めて網羅的に記載するというアイディアが中々面白い。著者の専門は、どちらかといえば海洋の方らしいが、プレートテクトニクスの面からも十分に記載しており、特に、現在ハワ...続きを読む
  • 日本海 その深層で起こっていること
     太平洋や北海道民にとってのオホーツク海より地味な印象の日本海。
     しかしそこは地球の海の縮図ともいえるダイナミックな海。

     知的好奇心を刺激する、一級の科学読み物。

     日本海の特徴は風呂桶のような構造になっていること。3000mを超える深度があるにもかかわらず、周囲の海峡は深さ150m(対馬海...続きを読む
  • 太平洋 その深層で起こっていること
    本年一冊目はブルーバックス。

    一部は太平洋全体の話、二部は海底の凸(海底の山)の話、三部は海底の凹(海溝)の話でした。

    地学、科学史、深海生物等、これだけ広範囲の話題を網羅できるのはすごいと思います。なぜ天皇海山群の名前がついたかを書物をだどって調べるなど、科学にとどまらない。
    (逆に範囲が広く...続きを読む