エドウィン・ルフェーブルの一覧

「エドウィン・ルフェーブル」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/12/18更新

ユーザーレビュー

  • 欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア
    人生で最高の本
    投機をやった事がない人も楽しめるし、投機をやった人は間違いなく最高の本だと思う
    リバモアの生き方、相場哲学はこれからの人生の参考になるし、同時に投機家は国を滅ぼしうるんだと思った。今はインサイダー取引が出来ないからわからないけど、こういう生き方はすごく憧れる
  • 欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア
    今やキーワードになってしまった「市場」は、投機家やディーラーだけで構成されているわけではない。

    わたしたち一人一人の欲望と幻想の総体、実はそれが「市場」の正体なのだ。

    本書は、ギャン、ソロス、と並ぶ天才的な投機家であるジェシー・リバモアを描いた「小説」である。
  • 欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア
    アベノミクスで金融市場は活況を呈しているが、
    そんななか、新たに投資にチャレンジしてみようと思う人にとって、
    本書で記されているリバモアの言葉は、とても興味深い。

    リバモアの時代とは、随分と異なるものの、
    投資の基本というものは、変わらないのだと痛感する。

    リバモアも失敗しているからこそ、その言...続きを読む
  • 欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア
    伝説の相場師、ジェシー・ローリストン・リバモア。彼の生涯をモデルにした『小説』です。大変内容はいいのですが主人公であるリバモアの一人称が「おれ」というのだけはどうも…。

    この本は投資家、ならびに市場関係者が『バイブル』といって長年受け継がれてきた本です。投資をやろうとする上でこの本と伝説の相場師、...続きを読む
  • 欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア
    投資と投機を行っている人にオススメの一冊。
    リバモアという男の生き様や投資哲学、そしてマーケットに生き残ることの大事さがわかる本である。