欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア

欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア

作者名 :
通常価格 2,138円 (税込)
獲得ポイント

10pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

アメリカ金融界の伝説の投資王リバモアの伝記小説。株式と商品相場で巨万の富を築くも相場の暴落で全財産を失う。その人生の教訓、市場の欲望と幻想は今に生きる。

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
352ページ
電子版発売日
2015年12月18日
コンテンツ形式
EPUB

「欲望と幻想の市場―伝説の投機王...」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年05月31日

人生で最高の本
投機をやった事がない人も楽しめるし、投機をやった人は間違いなく最高の本だと思う
リバモアの生き方、相場哲学はこれからの人生の参考になるし、同時に投機家は国を滅ぼしうるんだと思った。今はインサイダー取引が出来ないからわからないけど、こういう生き方はすごく憧れる

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年10月02日

今やキーワードになってしまった「市場」は、投機家やディーラーだけで構成されているわけではない。

わたしたち一人一人の欲望と幻想の総体、実はそれが「市場」の正体なのだ。

本書は、ギャン、ソロス、と並ぶ天才的な投機家であるジェシー・リバモアを描いた「小説」である。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月06日

アベノミクスで金融市場は活況を呈しているが、
そんななか、新たに投資にチャレンジしてみようと思う人にとって、
本書で記されているリバモアの言葉は、とても興味深い。

リバモアの時代とは、随分と異なるものの、
投資の基本というものは、変わらないのだと痛感する。

リバモアも失敗しているからこそ、その言...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月04日

伝説の相場師、ジェシー・ローリストン・リバモア。彼の生涯をモデルにした『小説』です。大変内容はいいのですが主人公であるリバモアの一人称が「おれ」というのだけはどうも…。

この本は投資家、ならびに市場関係者が『バイブル』といって長年受け継がれてきた本です。投資をやろうとする上でこの本と伝説の相場師、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年06月21日

投資と投機を行っている人にオススメの一冊。
リバモアという男の生き様や投資哲学、そしてマーケットに生き残ることの大事さがわかる本である。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,943

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!